結婚式のスピーチ

結婚式のスピーチで何を話していいかわからない人へのヒント

結婚式のスピーチではどんな言葉を贈ったらいいのでしょう

 

結婚式 スピーチ

 

このサイトを訪れたあなたは、ひょっとして結婚式のスピーチをたのまれて頭をかかえているのではありませんか?

 

ほとんどの人は人前で話す機会なんてほとんどありませんし、結婚式という大舞台でスピーチをすることに大きな不安を感じていることでしょう。

 

また、結婚式には会社の上司から親族までさまざまな人が参加していますから、スピーチとして何をしゃべってもいいというわけにはいきません。

 

たとえ笑いをとるにしても、そこには最低限のルールというものがあります。

 

このサイトでは、結婚式にスピーチをお願いされて困っている人に向けて、自分の立場や状況に応じた話し方のコツについて紹介してみたいと思います。

 

きっと素敵なスピーチをするためのヒントを見つけることができると思います。

 

スポンサーリンク

 

どれくらいの時間話すのがベストなのか

結婚式 スピーチ

結婚式のスピーチ時間はどれくらいが良いのでしょう。

 

これは、スピーチする人と新郎新婦との間柄、役目などで若干違ってきます。

 

よく3分スピーチなどと言われますが、結婚式でのそれはちょっと物足りない感じがしてしまいます。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

友人のお話がない代わりに余興をおこなうケース

結婚式 スピーチ

近頃では友人のスピーチがない結婚式も増えているようです。

 

友人に負担はかけたくないという思いや、来賓や上司のスピーチで長くかかりそうだったり、ゲストにゆっくりしてもらいたい、自分たちがゲストとの時間を取りたいなど、さまざまな理由があるようです。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

人を感動させることの出来る鉄板の方法

結婚式 スピーチ

結婚式で人を感動させる素敵なスピーチをしてみたいと思う方も多いでしょう。

 

でも、スピーチ慣れしていないあなたには、とてもハードルが高いとも感じているのではないでしょうか。

 

実は、結婚式のスピーチで聞き手を感動させるのはそれほど難しいことではないのです。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

大勢の前で話すときに恥をかかないためのマナー

結婚式 スピーチ

大勢の人を前にしてマイクを持つということは、緊張するものです。

 

しかも結婚式のような場では、マナーなども知らないと恥ずかしい思いをすることもあります。

 

ここでは一般的な結婚式でのスピーチの流れとマナーについてみていきましょう。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

上手に話をするための例文集

結婚式 スピーチ

結婚式といえばスピーチ。せっかくその場をいただけるのだから、心に残るスピーチをしたいものですね。

 

上司や同僚、友達などの祝辞から浮かび上がってくる、新郎新婦の人となりや、意外な一面などを同席者の皆さんと共有でき、和やかな雰囲気を作ることができるのが素敵なスピーチの条件です。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

話しのネタ探しに困らない方法

結婚式 スピーチ

結婚式のスピーチを依頼されたときに、いちばん頭を悩ませるのは、ネタ探しかもしれません。

 

祝福していることを伝え、新郎新婦を上手にほめるというのは、意外と難しいものです。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

上司が挨拶するときに注意すべきこと

結婚式 スピーチ

結婚式に集まっている方々は、上司という立場ならではの、新郎や新婦の人柄がわかるエピソードなどを期待していることでしょう。

 

部下とのほのぼのとした話などを冗談を交えながら話すことで、参列している聞き手も、「この上司は部下に対して目が行き届いているな」とか、「この部署の人間関係の風通しはよさそうだから、効率よく仕事ができているだろうな」ということがほの見えて、新郎新婦の今後の生活にも安心感をもたらすことができます。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

英語のフレーズを使ってかっこよく決めよう

結婚式 スピーチ

近頃は国際結婚も増えてきました。新郎、または新婦が外国人である場合、メインのスピーチは日本語でしたとしても、一言くらい英語を添えてみたいものです。

 

そこで結婚式のスピーチで使える英語表現をいくつかピックアップしてみました。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

笑いをとる話し方のコツと注意すべきこと

結婚式 スピーチ

結婚式のスピーチはテレビのバラエティショーではないのでただ単に笑いを取ればいいというものではありません。

 

そこには節度とふさわしい話題が必要です。下ネタやドタバタはもってのほかです。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

お礼の言葉で失敗しないための話し方

結婚式 スピーチ

結婚式においてのお礼のスピーチとなる「謝辞」は、招待状の送り主、つまり披露宴の主催人が行うものです。

 

結婚式の招待状の送り主としては

 

・新郎新婦
・両親
・新郎新婦と両親の連名

 

などのパターンがあります。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

乾杯の合図のときに失敗しない心得

結婚式 スピーチ

乾杯は結婚式の始まりの合図となります。

 

乾杯の音頭を任された場合、単純に乾杯するだけでなく、多少のスピーチも必要になりますから、やはり基本的な流れは頭に入れておきましょう。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

絶対に使ってはいけない禁句にはどんなものがあるか

結婚式 スピーチ

結婚式、披露宴などでは、縁起を担ぐ場面が多いので禁句とされるものも気をつけたいですね。

 

スピーチでも、「忌み言葉(いみことば)」「重ね言葉」には十分には気をつけなければなりません。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

主賓としてのお話をするときに知っておきたいこと

結婚式 スピーチ

結婚式では、披露宴の序盤で主賓・来賓から祝辞が述べられます。

 

新郎側からはじまり、次に新婦側というように交互に行われていきます。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

叔父が親族代表として話をするときに注意すべきこと

結婚式 スピーチ

結婚式で親族代表としての叔父のスピーチは、「祝辞」だけの役割にとどまりません。

 

身内のために出席をしてくれたお客様に対して「お礼の気持ち」をスピーチで伝える必要があります。

 

「わざわざ身内の結婚式に時間を割いてもらいありがとうございます」というお礼を伝えることが重要です。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

新郎が式の終盤に謝辞をのべる時の話し方

結婚式 スピーチ

結婚式において新郎がスピーチを行うタイミングは、最初のウェルカムスピーチか、終わりごろの謝辞となります。

 

たいていは新郎一人でのスピーチとなりますが、ふたりで感謝の辞を述べたい気持ちが強い場合は、新婦もあわせて挨拶することもあります。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

先輩や後輩としての立場で話すときの心得

結婚式 スピーチ

結婚式においては、先輩や後輩といった関係の方にスピーチをお願いすることもあります。

 

同級生の友人とは少し違った、微妙な上下関係もあるので、スピーチにも迷いがあるかもしれません。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

締めの言葉としてふさわしい決まり文句と注意すべきこと

結婚式 スピーチ

「終わりよければすべてよし」ということわざがありますが、それほどに「締め」というのは大切なものです。

 

特に、結婚式という場面においては、しっかりとこの点に注意しておかなければなりません。

 

ここでは、結婚式のスピーチにおける二つの「締め」についてご紹介します。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

父親が謝辞をするときに知っておきたい心得

結婚式 スピーチ

結婚式では、基本的に披露宴の終盤に両家親族代表として新郎の父の謝辞があります。

 

親族代表謝辞は、たいていは新郎の父親がスピーチを行うこととなりますが、不在の場合は新婦の父親もしくは新郎の親代わりでもあった親族となります。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

ウェルカムスピーチで上手に話すためのコツ

結婚式 スピーチ

結婚式のウェルカムスピーチは、披露宴の最初の演出です。

 

以前は媒酌人が、最初に挨拶をするのが通例でしたが、現在は新郎新婦のウェルカムスピーチでパーティが始まるのが主流となりつつあります。

 

≪この記事の続きを読む≫

 

友人代表スピーチで恥をかかないための心得

結婚式 スピーチ

結婚式の友人代表のスピーチは見せ場のひとつです。親しい新郎新婦に精一杯の心を込めたお祝いを伝えつつ、感動的な内容のものにしましょう。

 

今回は、結婚式における友人代表のスピーチの流れについて具体的にお伝えします。

 

≪この記事の続きを読む≫