結婚式のウェエルカムスピーチ

結婚式のウェルカムスピーチではどのようなことを話せばいいの?

結婚式のウェルカムスピーチではどのようなことを話せばいいの?

結婚式 ウェエルカムスピーチ

結婚式のウェルカムスピーチは、披露宴の最初の演出です。

 

以前は媒酌人が、最初に挨拶をするのが通例でしたが、現在は新郎新婦のウェルカムスピーチでパーティが始まるのが主流となりつつあります。

 

結婚式のコンセプトを伝えるための儀式

 

スポンサーリンク

 

結婚式のウェルカムスピーチは「私たちの披露宴はこういうコンセプトです」といった方向付けの意味でも、重要なものとなります。

 

それは以前の形式の結婚式に慣れている年配の方々にも、その流れを理解してもらうための導入にもなります。

結婚式 ウェエルカムスピーチ

 

挙式を終え、一生に一度の経験をすることになる二人は緊張状態です。

 

できれば簡潔に済ませたいと思うのが本音でしょう。そこで、ウェルカムスピーチは2分ほどで終えられる程度にするのが無難です。

 

具体的にどんなことを話せばいいのでしょうか?

ウェルカムスピーチを行う際には、まず最初に出席者へのお礼を述べます。「本日はわたしたちのためにお集まりいただき、まことにありがとうございます」といったものです。

 

「お忙しい中」や「足下の悪い中」といった定型的な表現でも構いません。とにかく、自分たちのために集まってもらったことに対して感謝を述べてください。

 

その次に、結婚式を無事終えたことに対する報告を行います。

 

「○○というチャペルで先ほど、式を挙げてまいりました」といった感じで、出席者へ自分たちが夫婦になったこと、たったいま式を挙げてきたことを伝えるのです。

 

スポンサーリンク

 

報告が終わったら、次は披露宴の趣旨について説明します。

 

ここはあまり型にはまらず、自分たちがどんな思いで披露宴を企画したのかなどについて説明しても良いでしょう。

 

たとえば、式場のシェフが有名な場合はそのことに触れてもいいわけです。また、ゆっくりくつろいでもらいことがコンセプト、というような内容にしても良いでしょう。

 

最後に結びの言葉です。ここは最初のお礼の言葉と同様、ある程度定型的な言葉で問題ありません。

 

結婚式 ウェエルカムスピーチ

「どうぞごゆっくりお楽しみください」「みなさまにお楽しみいただければ幸いです」といった感じの言葉のあと、「本日はありがとうございました」で結びます。

 

このように、結婚式のウェルカムスピーチというのは比較的簡素に行うものです。

 

あまり長くせず、自分たちの披露宴のコンセプトがすなおに伝わるようなものにしましょう。

 

ちなみに、式の雰囲気によっては結びの言葉の後にちょっとした一言を添えたり、くだけた雰囲気を演出したりするのもOKです。

 

むしろ、堅苦しくない式の場合には、こうしたことも気遣いのひとつと言えるでしょう。

 

素晴らしい披露宴にするために、素敵なウェルカムスピーチを考えてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加