結婚式で友人のスピーチはなし

結婚式で友人のスピーチがないケースがふえてる理由

結婚式で友人のスピーチがないケースがふえてる理由

結婚式 友人のスピーチ なし

近頃では友人のスピーチがない結婚式も増えているようです。

 

友人に負担はかけたくないという思いや、来賓や上司のスピーチで長くかかりそうだったり、ゲストにゆっくりしてもらいたい、自分たちがゲストとの時間を取りたいなど、さまざまな理由があるようです。

 

では友人スピーチのない結婚式では、どんな趣向があるのか、いくつかの実例を見てみましょう。

 

代わりに友人の余興の時間を持つ

 

スポンサーリンク

 

友人スピーチは挨拶としてではなく余興の一環として行われます。
それならば、いっそのことスピーチではなく、余興に重点を置いたものにしてしまえばという発想です。

 

たいていの場合には、余興の前に友人がコメントを必ず入れてくれるので、それがスピーチ代わりにもなります。

 

新郎向けに「新婦の取扱説明書」を新婦側の友人が作成して発表したり、といった余興も受けているようです。

 

これなどは身近な友人たちで作成するときも楽しめますし、新郎側の出席者の方々に新婦のことを知ってもらういいチャンスとなりますね。

 

テーブルごとに一言スピーチ

結婚式 友人のスピーチ なし

進行役の人に席を回ってもらって、数名の方に一言スピーチをしてもらうというのも、肩に力の入らない趣向として人気があります。

 

たくさんの人からじかにお祝いの言葉をもらえて、場も和やかになります。

 

また初対面の人同士でも、一言スピーチを話題に話をするきっかけを作れます。

 

歓談の時間を多くとる

結婚式 友人のスピーチ なし

次々とスピーチや余興を詰め込むよりも、来てくださった皆さんとの歓談の時間を多くとるのもいいでしょう。

 

列席してくださった方は、みなさん、一言でもいいので新郎新婦と話がしたいと思っているものです。

 

スポンサーリンク

 

全員参加型ゲームをいれる

 

ビンゴなど定番のものから、ブーケ争奪クイズや新郎と新婦の答えが一致すればOKという「ラブマッチゲーム」、新婦の父親に「正直なところの新郎の第一印象は?」など結婚式だから聞ける一問一答ゲームなどは会場全体が盛り上がります。

 

クイズ問題は、子供や親族などもいるのでなるべく下ネタ系は避けましょう。

 

プロの出し物も視野に入れる

プロのゴスペルシンガーやハワイアン、ピアノとバイオリンの生演奏などのプチコンサートを企画してもいいですね。

 

お色直しなど新郎新婦が不在の間に、ジャグラーやマジシャンなどのプロに盛り上げてもらっておくのも楽しいでしょう。

 

また、有名芸能人が新郎新婦のお友達になりきって、ビデオメッセージを送ってくれるというサービスなどもあり、サプライズとして使われています。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加